コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本霞岳 やまもと かがく

1件 の用語解説(山本霞岳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本霞岳 やまもと-かがく

1766-1839 江戸時代後期の儒者。
明和3年生まれ。山本日下(にっか)の次男。山本玉岡(ぎょくこう)の弟。医師として知られたが,文化6年兄の死により家をつぎ,土佐高知藩の重臣深尾氏の郷校名教館の学頭となった。著作に「霞岳遺稿」。天保(てんぽう)10年4月18日死去。74歳。土佐出身。名は敬。通称は祐之進。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山本霞岳の関連キーワード浮世草子タンジマート中興俳諧明和事件大谷友右衛門新宮凉庭三遊亭円朝(初代)ギュルハネ勅令アメリカ音楽茶室一覧

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone