コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山本賀前 やまもと かぜん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山本賀前 やまもと-かぜん

1811-? 江戸時代後期の和算家。
文化8年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)の人。長谷川寛にまなび,「大全塵劫(じんこう)記」「算法点竄(てんざん)手引草初編」などを編集するが,のち破門される。幕府天文方となり,嘉永(かえい)7年箱館に赴任した。字(あざな)は益甫。通称は安之進。号は藤樹

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の山本賀前の言及

【和算】より

…長谷川と内田はそれぞれ多数の数学者を養成し,しかもその塾から多くの数学書を刊行している。長谷川の塾を長谷川数学道場といい,千葉胤秀,山本賀前,秋田義一らの数学者が輩出した。出版した数学書も,《算法新書》(1830),《大全塵劫記(たいぜんじんこうき)》(1832),《算法地方大成》(1837)など,いずれもベストセラーになっている。…

※「山本賀前」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

山本賀前の関連キーワード和算家