山枡直好(読み)やまます なおよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山枡直好 やまます-なおよし

1825-1890 江戸後期-明治時代の公共事業家。
文政8年3月15日生まれ。生家伯耆(ほうき)下田中村(鳥取県倉吉市)の豪農。維新後,久米郡長,鳥取県会議員をつとめる。明治14年久米河村農学校の設立にかかわり,18年県立倉吉農学校に昇格後は寄宿舎を寄付するなど,運営,発展につくした。明治23年8月1日死去。66歳。号は祥雲

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android