コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山母子 ヤマハハコ

デジタル大辞泉の解説

やま‐ははこ【山母子】

キク科の多年草。本州中部以北の山地に自生し、高さ約60センチ。茎は綿毛で覆われ、葉は披針形で裏に綿毛が密生する。夏、白くて中心が黄色の頭状花が集まって咲く。やまほうこ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

やまははこ【山母子】

キク科の多年草。山地の日当たりのよい草原に自生。高さ約60センチメートル。葉は多数互生し、狭披針形で、裏に毛がある。夏から秋、茎頂に白色で中心部が黄色の頭花が多数集まってつく。ヤマホオコ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

山母子 (ヤマハハコ)

学名:Anaphalis margaritacea
植物。キク科の多年草,高山植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android