コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山浦玄蕃 やまうら げんば

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山浦玄蕃 やまうら-げんば

?-1654* 江戸時代前期のキリシタン。
権(ごんの)中納言猪熊季光(いのくま-すえみつ)の次男。キリシタン迫害をさけて従兄弟(いとこ)の米沢藩主上杉定勝のもとにのがれ,山浦玄蕃と改称。定勝の没後訴えがあり,承応(じょうおう)2年12月2日幕命により処刑された。公家出身でただひとりの殉教者。名は光則。変名は磯(磯野)九兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山浦玄蕃の関連キーワード磯九兵衛猪熊光則

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android