山田 わか(読み)ヤマダ ワカ

20世紀日本人名事典の解説

山田 わか
ヤマダ ワカ

大正・昭和期の婦人運動家,評論家



生年
明治12(1879)年12月1日

没年
昭和32(1957)年9月6日

出生地
神奈川県三浦郡

学歴〔年〕
尋常小学校〔明治23年〕卒

経歴
小学校を出て16歳で結婚後、没落した実家を救うため明治29年ごろ渡米し、シアトルで白人専門の娼婦となる。現地では“アラビアお八重”と呼ばれていたが、一新聞記者の助けでサンフランシスコへ逃れ、娼婦救済施設のキャメロン・ハウスに入ってキリスト教に入信。この施設から通った英学塾の教師、山田嘉吉と結婚する。39年に帰国後は、母性主義の立場から活発な発言を行う一方、平塚らいてうらの「青鞜」や新聞の身の上相談欄で健筆をふるう。また昭和9年から母性保護同盟の委員長、戦後は21年売春婦の更生保護事業・幡ケ谷女子学園を設立。母を守る会会長、家庭裁判所調停委員を歴任。タクシー運転手の妻による“妾殺人事件”では特別弁護人となり、弁護につとめた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

山田 わか (やまだ わか)

生年月日:1879年12月1日
大正時代;昭和時代の婦人運動家
1957年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android