コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田あき やまだ あき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田あき やまだ-あき

1900-1996 昭和-平成時代の歌人。
明治33年1月1日生まれ。昭和4年プロレタリア歌人同盟にくわわり,自由律短歌を発表する。坪野哲久と結婚。12年夫と「鍛冶(かじ)」を創刊し,しだいに定型に移行。53年「氷河」を創刊。平成8年11月14日死去。96歳。新潟県出身。高田高女卒。本名は坪野つい。歌集に「紺」「山河無限」など。
【格言など】逸(はや)りきてけやき大樹にこもるかぜ非命の魂(たま)の万の鈴音(「山河無限」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山田あきの関連キーワード坪野 哲久新歌人集団人民短歌坪野哲久

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

山田あきの関連情報