コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坪野哲久 つぼの てつきゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坪野哲久 つぼの-てつきゅう

1906-1988 大正-昭和時代の歌人。
明治39年9月1日生まれ。山田あきの夫。島木赤彦に師事。アララギ派からプロレタリア系歌人となり,第1歌集「九月一日」は発禁となる。昭和15年合著歌集「新風十人」に参加。戦後は渡辺順三らと「人民短歌」を創刊。昭和63年11月9日死去。82歳。石川県出身。東洋大卒。本名は久作。歌集はほかに「百花」「北の人」「碧巌」など。
【格言など】われの一生(ひとよ)に殺(せつ)なく盗なくありしこと憤怒のごとしこの悔恨は(「碧巌」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坪野哲久
つぼのてつきゅう
(1906―1988)

歌人。石川県生まれ。本名久作。東洋大学卒業。島木赤彦(しまきあかひこ)に師事。『ポトナム』同人を経て「無産者歌人連盟」「プロレタリア歌人同盟」などで渡辺順三(じゅんぞう)らとともにプロレタリア短歌運動を展開した。口語短歌の処女歌集『九月一日』(1930)は発売禁止となる。異色合同歌集『新風(しんぷう)十人』(1940)をはじめ『桜』(1940)、『北の人』(1958)、『碧巌(へきがん)』(1971。読売文学賞受賞)、『胡蝶夢(こちょうむ)』(1974)などの歌集があり、歌書に『昭和秀歌』『万葉秀歌』がある。
 まわれよまわれぶんぶんぐるま糸車まずしき能登(のと)のおんなのいのち[岩田 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

坪野哲久の関連キーワード坪野 哲久山田 あき人民短歌6月1日新風十人岡部文夫山田あき渡辺順三斎藤史