コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坪野哲久 つぼの てつきゅう

2件 の用語解説(坪野哲久の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坪野哲久 つぼの-てつきゅう

1906-1988 大正-昭和時代の歌人。
明治39年9月1日生まれ。山田あきの夫。島木赤彦に師事。アララギ派からプロレタリア系歌人となり,第1歌集「九月一日」は発禁となる。昭和15年合著歌集「新風十人」に参加。戦後は渡辺順三らと「人民短歌」を創刊。昭和63年11月9日死去。82歳。石川県出身。東洋大卒。本名は久作。歌集はほかに「百花」「北の人」「碧巌」など。
【格言など】われの一生(ひとよ)に殺(せつ)なく盗なくありしこと憤怒のごとしこの悔恨は(「碧巌」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坪野哲久
つぼのてつきゅう
(1906―1988)

歌人。石川県生まれ。本名久作。東洋大学卒業。島木赤彦(しまきあかひこ)に師事。『ポトナム』同人を経て「無産者歌人連盟」「プロレタリア歌人同盟」などで渡辺順三(じゅんぞう)らとともにプロレタリア短歌運動を展開した。口語短歌の処女歌集『九月一日』(1930)は発売禁止となる。異色合同歌集『新風(しんぷう)十人』(1940)をはじめ『桜』(1940)、『北の人』(1958)、『碧巌(へきがん)』(1971。読売文学賞受賞)、『胡蝶夢(こちょうむ)』(1974)などの歌集があり、歌書に『昭和秀歌』『万葉秀歌』がある。
 まわれよまわれぶんぶんぐるま糸車まずしき能登(のと)のおんなのいのち[岩田 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

坪野哲久の関連キーワード中河幹子伊藤生更大坪草二郎岡山巌久保井信夫古賀愛子鈴木康文谷邦夫野上草男松井如流

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone