コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田亦介 やまだ またすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田亦介 やまだ-またすけ

1809*-1865* 江戸時代後期の武士。
文化5年12月18日生まれ。村田清風の甥(おい)。長門(ながと)(山口県)(はぎ)藩士長沼流兵学をおさめ,砲台建設,洋式軍艦庚申(こうしん)丸の建造など海防につくす。恭順派の台頭により,元治(げんじ)元年12月19日処刑された。57歳。名は憲之,公章。号は愛山,含章斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

山田亦介 (やまだまたすけ)

生年月日:1808年12月18日
江戸時代末期の長州(萩)藩士
1864年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

山田亦介の関連キーワード吉田松陰生年月日長州

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android