コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田介堂 やまだ かいどう

美術人名辞典の解説

山田介堂

南画家。福井県生。通称は巳三郎、別号に隻玉道人。清人王延章・田能村直入に師事、また富岡鉄斎に私淑する。日本南画院の設立に参加し、田近竹邨らと京都画壇の元老として文展で活躍。大正13年(1924)歿、56才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田介堂 やまだ-かいどう

1869-1924 明治-大正時代の日本画家。
明治2年生まれ。各地を遊歴し,富岡鉄斎,細谷立斎,平野五岳らにまなぶ。文展で受賞をかさね,大正10年田近竹邨(ちくそん),池田桂仙らと日本南画院を創立した。大正13年9月17日死去。56歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。本名は巳三郎。別号に隻玉道人。作品に「清渓漁隠」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山田介堂の関連キーワード池田 桂仙田近 竹邨若狭成業水田竹圃大正時代河野秋邨山田介雲山崎宏堂明治

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android