コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

細谷立斎 ほそや りっさい

美術人名辞典の解説

細谷立斎

日本画家。通称は辰三郎、号は静黙・三松居士・錦江釣叟等、字は師古・子星・子辰・燕雨。画は父細谷松波に学ぶ。山田介堂門人。明石に住した。明治44年(1911)歿、80才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

細谷立斎 ほそや-りっさい

1831-1911 幕末-明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)2年生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)の人。貫名海屋(ぬきな-かいおく)にまなぶ。山水,草花の彩色画にすぐれた。兵庫県明石にすんだ。明治44年11月3日死去。81歳。名は辰。通称は辰三郎。別号に静黙など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

細谷立斎の関連キーワード山田 介堂明治時代天保

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android