コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田女嶋 やまだの ひめしま

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田女嶋 やまだの-ひめしま

?-? 奈良時代の女官。
孝謙天皇の乳母で,山田御母(みおも)とよばれる。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)7年(755)御井(三井)宿禰(すくね)の氏姓をうけたが,没後,橘奈良麻呂(たちばなの-ならまろ)の謀反計画をかくしていたことが判明し,御母の尊称と氏姓をうばわれた。名は姫嶋,比売島ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山田女嶋の関連キーワード奈良時代孝謙天皇

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android