御母(読み)おっかあ

精選版 日本国語大辞典「御母」の解説

おっ‐かあ【御母】

〘名〙 (「おかか(御母)」の変化した)
子供母親を呼ぶのにいう、江戸末期、江戸で中流以下の用語。おかん。おかあ。おっか。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)前「ホホッ、おっかアか。にくい母(オッカア)めだの。うなうなをしてやらう」
② (子供の母親の意から転じて) を呼ぶ語。他人の妻をもいう。おっか。
※人情本・仮名文章娘節用(1831‐34)後「サアおっかアも寝ねへか、坊主はおれがだいて寝よう」
③ 店などの女主人を親しんで呼ぶ語。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「大津屋の内義(オッカア)にたいそふ世話になったのう」
④ 一般に、中年すぎの年配の女性を親しんで呼ぶ語。
※象やの粂さん(1921)〈長谷川如是閑〉「『象や、相変わらず元気だね』と通りかかった風船堂のお婆さんが声をかけた。『根っから元気でもないんだよ。おっかあ』」

お‐かあ【御母】

〘名〙 (「お」は接頭語)
① 子供が母親をくだけた調子で呼ぶのにいう語。おかん。おっかあ。
※咄本・諺臍の宿替(19C中)一二「おかあがきいたらびっくりするよって」
② (子供の母親の意から転じて) 妻をくだけた調子で呼ぶのにいう語。おっかあ。
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉五「さういふとこへ世話してもらへたら、なア、おかあ」

おっ‐か【御母】

〘名〙
① =おっかあ(御母)①〔改正増補和英語林集成(1886)〕
※落語・甲子待(1895)〈柳家禽語楼〉「(さむれ)への女房(ヲッカ)にしたら宜からうだんべいなんて評判でがす」

み‐おも【御母】

〘名〙 (「み」は接頭語) 母または乳母(うば)を敬っていう語。
※古事記(712)中(古事記伝訓)「御母(ミオモ)を取り、大湯坐(おほゆゑ)若湯坐(わかゆゑ)を定めて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「御母」の解説

み‐おも【母】

母、または乳母を敬っていう語。
「―を取り、大湯坐おほゆゑ、若湯坐を定めて」〈・中〉

お‐かん【母】

《「おかあはん」の変化した語》関西系方言で、子供が母親を呼ぶ語。また、が妻を呼ぶ語。

お‐かあ【御母】

《「おかあさん」の》子供が母親を親しんで呼ぶ語。また、夫が妻を呼ぶ語。

お‐かか【母/×嬶】

かか」を丁寧にいう語。母・妻また他家の主婦を呼ぶときに用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android