コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田宮常 やまだ きゅうじょう

美術人名辞典の解説

山田宮常

江戸後期の画家。尾張生。字は吉夫、通称は平蔵、別号に雲嶂・咄々堂等。最も臨模を能くする。張月樵・中林竹洞らの名手がその門から出た。寛政5年(1793)歿、47才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田宮常 やまだ-きゅうじょう

1747-1794* 江戸時代中期-後期の画家。
延享4年生まれ。京都でまなんだのち郷里の名古屋にもどる。中国の元(げん)・明(みん)時代の古画を手本とし,山水・花鳥画にすぐれた。門人に張月樵(ちょう-げっしょう),中林竹洞(ちくとう),山本梅逸(ばいいつ)がいる。寛政5年12月27日死去。47歳。字(あざな)は吉夫。通称は半蔵。別号に雲嶂。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例