コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田案山子 やまだの かかし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田案山子 やまだの-かかし

1788-1847* 江戸時代後期の戯作(げさく)者,浄瑠璃(じょうるり)作者。
天明8年生まれ。大坂の人。好華堂野亭の名で狂歌師としても知られる。版元付きの代作者となり,読み本を執筆。4代植村文楽軒の専属浄瑠璃作者として活躍した。弘化(こうか)3年11月24日死去。59歳。通称は圭(桂)蔵。読み本に「義経勲功図会」,浄瑠璃に「生写朝顔話」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山田案山子の関連キーワード春野家有斎