コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山田清安 やまだ きよやす

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田清安 やまだ-きよやす

1794-1850* 江戸時代後期の武士,国学者。
寛政6年生まれ。薩摩(さつま)鹿児島藩士。香川景樹(かげき)に歌学,伴信友(のぶとも)に考証学をまなぶ。嘉永(かえい)2年藩主後継問題で,世子島津斉彬(なりあきら)の擁立をはかって失敗(お由羅騒動),同年12月3日切腹した。56歳。通称は一郎左衛門。号は作楽(さくら)園。著作に「設楽(しだら)歌考」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

山田清安の関連キーワードお由良騒動田代清秋矢野玄道山田歌子若松則文国学者

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android