山田珠樹(読み)やまだ たまき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山田珠樹 やまだ-たまき

1893-1943 大正-昭和時代前期のフランス文学者。
明治26年2月26日生まれ。ソルボンヌ大に留学し,帰国後母校東京帝大の助教授となる。また図書館司書官を兼任し,関東大震災後の図書館再建につくした。森鴎外の娘茉莉と結婚(のち離婚)。昭和18年11月24日死去。51歳。東京出身。著作に「スタンダール研究」,訳書ルナールにんじん」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android