鈴木信太郎(読み)すずき しんたろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴木信太郎
すずきしんたろう

[生]1895.6.17. 東京
[没]1970.3.4. 東京
フランス文学者,翻訳家。東京大学教授。早くからビヨン,ならびにベルレーヌマラルメを中心とするフランス象徴詩を研究,日本における本格的なフランス文学研究の確立に貢献した。著書に『ステファヌ・マラルメ詩集考』 (2巻,1948,51) ,『フランス詩法』 (2巻,50,54) ,訳詩集に『マラルメ詩集』 (49) ,『ビヨン全詩集』 (65) などがあり,死後『鈴木信太郎全集』 (5巻,72~73) が刊行されている。

鈴木信太郎
すずきしんたろう

[生]1895.8.16. 八王子
[没]1989.5.13. 東京
洋画家。 1910年白馬会研究所で黒田清輝,石井柏亭に師事。 36年二科会会員。 55年一陽会を設立。 47年度日展審査員,日本芸術院会員。 88年文化功労者。代表作『長崎の家』 (49) ,『青いベランダ』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴木信太郎の関連情報