コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辰野隆 たつのゆたか

6件 の用語解説(辰野隆の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

辰野隆
たつのゆたか

[生]1888.3.1. 東京
[没]1964.2.28. 東京
フランス文学者,随筆家。辰野金吾の長男。第一高等学校を経て 1916年東京大学仏文科卒業,31~48年東京大学教授。フランスの文化,文学に関する随筆『信天翁 (あほうどり) の眼玉』 (1922) や論文『ボオドレエル研究序説』 (29) のほか多くの翻訳により,初めて本格的にフランス文学を日本に紹介し,渡辺一夫小林秀雄佐藤正彰中島健蔵らの俊秀を育成した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たつの‐ゆたか【辰野隆】

[1888~1964]フランス文学者・随筆家。東京の生まれ。辰野金吾の長男。東大でフランス文学を講じ、門下から渡辺一夫・小林秀雄らが輩出。著「ボオドレエル研究序説」「忘れ得ぬ人々」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辰野隆 たつの-ゆたか

1888-1964 大正-昭和時代のフランス文学者,随筆家。
明治21年3月1日生まれ。辰野金吾の長男。大正10年フランス留学。日本人ではじめて母校東京帝大のフランス文学講座を担当。昭和6年教授,23年退官。のち中央大教授。門下生に渡辺一夫,小林秀雄,三好達治らがいる。37年文化功労者。昭和39年2月28日死去。75歳。東京出身。著作に「ボオドレエル研究序説」「さ・え・ら」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たつのゆたか【辰野隆】

1888‐1964(明治21‐昭和39)
フランス文学者,随筆家。号は隆酔老。建築家辰野金吾の長男として東京に生まれる。東京帝大法科大学を経て同文科大学仏文科を卒業。1921年東京帝大助教授となり,同時に2年間フランスに留学,帰国後同大学最初の日本人によるフランス文学講座担当者となる。29年《ボオドレエル研究序説》を公刊。32年教授。門下から渡辺一夫,小林秀雄,中島健蔵,今日出海,三好達治,中村光夫らが育った。48年退職し,以後は中央大学教授となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たつのゆたか【辰野隆】

1888~1964) 仏文学者・随筆家。東京生まれ。東大教授。辰野金吾の長男。フランス近代文学の研究、および演劇の翻訳・紹介につとめる。かたわら軽妙なエッセーを発表。著「さ・え・ら」「忘れ得ぬ人々」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

辰野隆
たつのゆたか
(1888―1964)

フランス文学者、随筆家。建築家辰野金吾(きんご)の長男として東京に生まれる。東京帝国大学仏法科、同仏文科を卒業。1921年(大正10)東京帝大助教授に就任直後フランスに約2年間留学、帰国とともに同大学日本人初のフランス文学講座担当者となる。30年(昭和5)文学博士(学位論文は『ボオドレエル研究序説』)、31年教授。従来の祖述的アカデミズムを脱し、美的感覚と広い教養に裏づけられた、機知あふれる清新な学風を確立、門下から渡辺一夫(かずお)、小林秀雄らが輩出した。評論集『信天翁(あほうどり)の眼玉(めだま)』(1922)、研究論集『仏蘭西(フランス)文学』上下(1943、46)、軽妙洒脱(しゃだつ)な随筆『さ・え・ら』(1931)、『忘れ得ぬ人々』(1939)など多くの著書、モリエール『孤客』、ボーマルシェ『フィガロの結婚』などの翻訳を残す。48年(昭和23)東大退職後は中央大学教授を務める。日本芸術院会員(1948)、文化功労者(1962)。[横張 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

辰野隆の関連キーワード堀江半峯階乗基底スターリングの補間公式エヌ没・歿勃・歿・没三角数Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

辰野隆の関連情報