山田高塚古墳(読み)やまだたかつかこふん

国指定史跡ガイドの解説

やまだたかつかこふん【山田高塚古墳】


大阪府南河内郡太子(たいし)町山田にある古墳。金剛山地の西麓に位置し、用明(ようめい)天皇陵や敏達(びだつ)天皇陵とされる古墳が点在する王陵の谷と呼ばれる地域にある。宮内庁によって推古(すいこ)天皇陵に治定(じじょう)され、陵名は磯長山田陵(しながのやまだのみささぎ)。東西63m、南北56m、高さ12mの方墳で、『古事記』などの記述から皇子の竹田皇子の墓に合葬され、その後ここに改葬されたと考えられ、古墳内部に2つの横穴式石室があると推定されている。平安時代に盗掘にあっているため、実態はさだかではないが、3段築成で周囲には幅7mの空濠があり、古墳時代末期の築造とされる。2012年(平成24)には考古学研究者による初の立ち入り調査が行われ、石室の一部が確認された。近畿日本鉄道南大阪線上ノ太子駅から徒歩約45分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android