コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山県守雌斎 やまがた しゅしさい

1件 の用語解説(山県守雌斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山県守雌斎 やまがた-しゅしさい

1791-1830 江戸時代後期の儒者。
寛政3年3月5日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)の藩校明道館(のち明徳館)にまなび,教授となる。藩命により藩内各地でおしえる。「如不及斎別号録」の編集にかかわった。文政13年7月19日死去。40歳。出羽久保田出身。本姓は吉田。名は儀,頼賢。字(あざな)は子羽。通称は弁之助。別号に百齢。詩集に「守雌斎詩集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山県守雌斎の関連キーワード市川団十郎民衆を導く自由の女神真珠岩会沢正志斎石川雅望渓斎英泉カトナ市川団十郎大谷友右衛門中村歌右衛門

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone