山越阿弥陀(読み)やまごえのあみだ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山越阿弥陀(やまごえのあみだ)
やまごえのあみだ

阿弥陀如来(にょらい)の来迎(らいごう)図の一種。「やまごしのあみだ」とも読む。阿弥陀如来と菩薩(ぼさつ)とが山の向こうから半身を現して念仏する人のため来迎し、極楽に救いとろうとする様相を描写したもの。この図様は中国の敦煌(とんこう)の壁画のなかにすでにあるが、日本では、恵心僧都(えしんそうず)源信が比叡山(ひえいざん)横川(よかわ)で感得した形を伝えたものとする。京都の金戒光明(こんかいこうみょう)寺本は阿弥陀三尊が山の彼方(かなた)から半身を現し、京都の禅林寺本は三尊のうち観音(かんのん)・勢至(せいし)の両菩薩が山を越えて念仏者に近づくところを描く。この2本は代表的であるが、金戒光明寺本は説法印を結び、その手に五色の糸がつけられており、この糸を引いて臨終時に安心して阿弥陀のもとに往生しようという風習の残りである。[石上善應]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android