コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山路が笛 サンロガフエ

デジタル大辞泉の解説

さんろ‐が‐ふえ【山路が笛】

山路が吹いた草刈り笛。恋心を寄せる道具とされる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんろがふえ【山路が笛】

草刈り童わらわに身をやつし山路と名乗った花人親王(のちの用明天皇)が、長者の娘を思って吹いたという伝説の笛。のちに、牧童などの草刈り笛。また、恋人が思いをこめて吹く笛をもいう。 「柏木の鞠まり-、古今其の品変れども皆これ恋路の寄框よせがまち/浄瑠璃・五十年忌

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

山路が笛の関連キーワード山路

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android