コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草笛 クサブエ

デジタル大辞泉の解説

くさ‐ぶえ【草笛】

草の葉や麦などの茎を口にあて、のように吹いて鳴らすもの。 夏》「友だちのなき―を鳴らしけり/風生

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

くさぶえ【草笛】

長野のそば焼酎。酒名は、島崎藤村の「歌表し、佐久の笛」にちなみ命名。八ヶ岳伏流水を用いて仕込み、甕で熟成させる。原料はそば、米、米麹。アルコール度数25%、35%、42%。麦焼酎、トマト焼酎もある。蔵元の「戸塚酒造店」は承応2年(1653)創業。清酒寒竹」の醸造元。所在地は佐久市岩村田。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

くさぶえ【草笛】

草で作った笛。草の葉や茎を口にあて、笛のように吹き鳴らすもの。 [季] 夏。 《 -の子や吾を見て又吹ける /星野立子 》
雅楽用の笛に対して、俗楽に用いる七孔の横笛。しのぶえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草笛
くさぶえ

自然物を応用した笛玩具(がんぐ)。草の葉を唇(くちびる)にあてて笛のように鳴らすもの、あるいは葉を巻いて笛のようにつくったものなど、材料によっていろいろな種類がある。古くから子供の手作りによる季節玩具として親しまれ、平安時代中期の『うつほ物語』に「人の遊びせん所には、くさかりぶえ吹くばかりの心どもにて、いと無心にて侍(はべ)り」とあり、草刈り笛の名でよばれた。カシ、シイ、ナンテン、ツバキなどの若葉を用いる「柴(しば)笛」、ショウブの葉の重なった部分を80センチメートルほどに切り取り、下部を指で押さえながら吹き鳴らす「菖蒲(しょうぶ)笛」、ムギの葉の先端を摘み取り、中央の芯葉(しんば)を巻いて吹き鳴らす「麦笛」、アシの葉を材料にした「芦(あし)笛」などがある。[斎藤良輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

草笛の関連キーワードSAKURA~事件を聞く女~いつの日か風のようにゆっくりおダイエット昨日の友は今日の敵?名もなく貧しく美しく喉頭ストロボスコープ花椿ショウ・光子の窓花嫁はどこにいる旅がらす伊太郎暗黒街の顔役犬神家の一族10月22日雪に願うこと武士の家計簿化石の微笑み後藤昌次郎どんど晴れ奈倉 梧月逃がれの街花嫁募集中

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

草笛の関連情報