コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山路徳風 やまじ よしつぐ

1件 の用語解説(山路徳風の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山路徳風 やまじ-よしつぐ

1761-1810 江戸時代中期-後期の暦算家。
宝暦11年生まれ。山路諧孝(ゆきたか)の父。寛政2年幕府天文方となり,「興端暦書」などを作成。のち寛政の改暦事業にくわわった。文化7年1月27日死去。50歳。陸奥(むつ)仙台出身。本姓は小倉。通称は才助。著作に「地度測量法」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

山路徳風の関連キーワードシュパンベルグスパンベルグ大原左金吾前田治脩奴隷貿易神谷源内植村文楽軒叙勲日本酒の消費量猪飼敬所

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone