コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山路諧孝 やまじ ゆきたか

4件 の用語解説(山路諧孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山路諧孝 やまじ-ゆきたか

1777-1861 江戸時代後期の暦算家。
安永6年生まれ。山路徳風の子。父の跡をついで幕府天文方となり,文政12年より蛮書和解(わげ)御用をつとめる。オランダの天文書にもとづき「西暦新編」を訳述,また渋川景佑(かげすけ)らと「寛政暦書」を編集。安政元年江戸品川に望遠鏡を設置し眺望図をつくった。文久元年5月30日死去。85歳。江戸出身。通称は弥左衛門。

山路諧孝 やまじ-かいこう

やまじ-ゆきたか

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

山路諧孝

没年:文久1.5.30(1861.7.7)
生年:安永6(1777)
江戸幕府天文方。文化6(1809)年より暦作測量御用を勤め同7年,父才助(徳風)の死により,跡目を継いで天文方となった。通称弥左衛門。文政12(1829)年から,それまで高橋景保の取り扱っていた蛮書和解御用における蘭書や書簡の翻訳を命ぜられ,蛮書和解御用が,安政3(1856)年設立の蕃書調所に引き継がれ天文方から分離するまで翻訳の仕事に努めた。また属吏の奥留種徳の協力によって『西暦新編』を訳述し,その間に『寛政暦書』『新修五星法』『新法暦書』などの選述に従った。嘉永2(1849)年には鉄砲箪笥奉行となる。

(内田正男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

山路諧孝
やまじゆきたか
(1794―1861)

江戸後期の天文暦学者。通称弥左衛門(やざえもん)。1809年(文化6)暦作測量御用手伝、翌年、父才助徳風(よしつぐ)(1761―1810)の後を継いで天文方となり、1829年(文政12)4月、高橋景保(かげやす)取扱の蘭書和解御用(らんしょわげごよう)当分取扱となった。1844年(弘化1)渋川景佑(かげすけ)、足立信頭(しんとう)と『寛政(かんせい)暦書』『同書続録』を完成して進呈し、1849年(嘉永2)御鉄砲御箪笥(おたんす)奉行格に昇進、同年『新法暦書数理選述』を進献した。1856年(安政3)蕃書調所(ばんしょしらべしょ)取建になり、蕃書類翻訳は同所で取り扱うことになり、山路役宅では和解御用を免ぜられた。この間、長年にわたるたびたびの暦書類編纂(へんさん)、蘭書和解御用、オランダ国王からの書簡和解御用、ロシア船からの差出し書簡和解、海上砲術の蘭書和解などの業務にあたり、そのつど褒賞として手当を受けた。[渡辺敏夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

山路諧孝の関連キーワード藤田貞資司天台天文方足立信順渋川敬尹船山輔之山路徳風山本賀前山本時憲吉田秀升

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone