コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山鼠/冬眠鼠 ヤマネ

2件 の用語解説(山鼠/冬眠鼠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やま‐ね【山×鼠/冬鼠】

齧歯(げっし)目ヤマネ科の哺乳類。体長7~8センチ、尾長4~5センチ。体つきは丸く、灰茶色で背に黒い縦線が1本あり、尾に長毛がある。山林にすみ、樹上性で、果実・昆虫などを食べる。冬は木の穴などで冬眠する。日本特産種で、本州・四国・九州に分布。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

やまね【山鼠】

齧歯げつし目ヤマネ科の一種。日本特産でネズミに似た小獣。頭胴長約8センチメートル、尾長約5センチメートル。体はコルク色で、背の中央に一本の黒茶色の縦縞がある。森林にすみ、夜行性で、果実・種子・昆虫などを食べる。寒くなると冬眠する。本州以南に分布。冬眠鼠。マリネズミ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone