コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡実 おか みのる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡実 おか-みのる

1873-1939 明治-昭和時代前期の官僚,新聞経営者。
明治6年9月12日生まれ。農商務省にはいり,工務局長をへて大正2年商工局長。この間工場法,産業組合法などの制定に尽力した。11年「エコノミスト主筆,昭和4年東京日日新聞の編集主幹,8年会長となった。昭和14年11月20日死去。67歳。奈良県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の岡実の言及

【都市行政】より

…彼の《東京市政論The Administration and Politics of Tokyo》(1923)は,都市行政論の名著とされる。日本でも池田宏《都市経営論》(1922),岡実《都市経営革新の急務》(1923)が著された。両者はともに東京市官僚だが,都市行財権の確立や行政運営の効率化を求めた。…

※「岡実」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岡実の関連キーワード奈良屋茂左衛門(4代)チェレンコフ放射宮崎 喜久太郎富田 小一郎福島 勝太郎宮崎喜久太郎関藤 謙治富田小一郎三田 てる山岡実乃里三田てる那珂太郎田中清玄清岡卓行城下町H氏賞吉岡実岡義武大岡信明治

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岡実の関連情報