コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡家利 おか いえとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡家利 おか-いえとし

?-1615 織豊-江戸時代前期の武将。
岡利勝の子。宇喜多秀家の臣として朝鮮出兵中に備中(びっちゅう)(岡山県)庭瀬城主をつぐ。宇喜多家の内紛慶長5年蟄居(ちっきょ)。関ケ原の戦い後徳川家康につくが,長男平内が大坂の陣で豊臣方に味方したため,慶長20年7月6日切腹。通称は九郎右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岡家利の関連キーワード本阿弥光悦元和人形浄瑠璃本阿弥光悦古唐津石川康勝大野治長大野治房片桐且元木村重成

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android