岡本貞烋(読み)おかもと ていきゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本貞烋 おかもと-ていきゅう

1853-1914 明治時代の実業家。
嘉永(かえい)6年11月9日生まれ。もと相模(さがみ)(神奈川県)小田原藩士。熊本,群馬の各県の官吏をへて,交詢(こうじゅん)社を設立。明治15年時事新報社創立に参加。帝国海上保険,鐘淵紡績,千代田生命などの取締役をつとめた。大正3年10月19日死去。62歳。慶応義塾卒。幼名は徳太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android