コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡本黄石 おかもと こうせき

5件 の用語解説(岡本黄石の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岡本黄石

幕末・維新の志士。彦根藩家老。名は宣迪、字は吉甫、通称を半介・留弥・織部之介。軍学に通じ、詩書を能くする。梁川星巌に教えを受け尊攘派の巨頭として活躍、藩主井伊直弼に攘夷断行を建白した。桜田門外の変後は彦根藩政の中心としてその善後処理にあたり、幼君直憲を助け、よく藩論を指導した。晩年は東京に住し杉聴雨・巌谷一六らと文筆に親しむ。明治31年(1898)歿、88才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡本黄石 おかもと-こうせき

1812*-1898 幕末-明治時代の武士,漢詩人。
文化8年11月21日生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩家老。梁川星巌(やながわ-せいがん)に師事。大橋訥庵(とつあん)ら尊攘(そんじょう)派とまじわったため,藩主井伊直弼(なおすけ)にうとまれた。桜田門外の変に際して藩士の鎮静につとめ,藩政を主導。戊辰(ぼしん)戦争で新政府側について出兵した。維新後は東京に麹坊(きくぼう)吟社をおこした。明治31年4月12日死去。88歳。本姓は宇津木。名は迪,宣迪。字(あざな)は吉甫。通称は半助。著作に「黄石斎詩集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

岡本黄石

没年:明治31.4.12(1898)
生年:文化8(1811)
幕末の彦根藩(滋賀県)家老。名は吉甫,通称半介。家老宇津木久純の子で,岡本業常の養子。詩を中島棕隠,梁川星巌,菊池五山に学び,渡辺崋山,大槻磐渓,大沼沈山らと交わる。天保7(1836)年中老,嘉永5(1852)年家老に上るが,大橋訥庵,藤本鉄石ら志士と交遊し,また水戸藩と提携して攘夷を促す建白を行ったことから藩主井伊直弼に疎まれた。桜田門外の変で井伊が倒れたのちは藩政を主導,戊辰戦争の際には藩論を新政府軍側にまとめた。維新後は東京に住み,杉聴雨,巌谷一六らと麹坊吟社を起こして詩作に過ごした。<著作>『黄石斎詩集』<参考文献>須永元『岡本黄石先生小伝』

(三井美恵子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

おかもとこうせき【岡本黄石】

1811~1898) 幕末・明治の漢詩人。近江の人。彦根藩家老。中島棕隠・梁川星巌・大窪詩仏らに学んで詩をよくし、人品詩品ともに高かった。維新後、東京に麴坊吟社を創立。著「黄石斎詩集」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡本黄石
おかもとこうせき
(1811―1898)

江戸後期の彦根(ひこね)藩家老。家老宇津木久純(ひさずみ)の第4子。名は宣迪(のぶみち)、字(あざな)を吉甫(きちほ)、通称半介。950石取。1822年(文政5)藩士岡本業常(なりつね)の養子となる。36年(天保7)中老、51年(嘉永4)家老格、翌年家老となる。梁川星巌(やながわせいがん)に師事し、多くの志士と交わって尊攘(そんじょう)思想の影響を受け、藩主井伊直弼(なおすけ)に忌まれ、退けられていたが、桜田門外の変(1860)後、藩政に復帰して混乱を収め、62年(文久2)8月直弼の側近を更迭し藩政を主導した。幼主直憲(なおのり)を補佐し、戊辰(ぼしん)戦争では朝廷側にたたせた。著書に『黄石斎詩集』がある。墓所は東京・世田谷(せたがや)の豪徳寺。[藤田恒春]
『『近江人物志』(1917・滋賀県教育会)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の岡本黄石の言及

【漢詩文】より

…【日野 竜夫】
【近代】
 明治は漢学愛好の時代であり,漢詩文は江戸期に劣らず隆盛であった。漢詩ではまず小野湖山,岡本黄石,大沼枕山(ちんざん)らが現れ,陸游,蘇東坡(蘇軾(そしよく)),黄山谷(黄庭堅)らの宋詩を重んじて詩壇を指導した。ついで現れた森春濤(しゆんとう)・森槐南(かいなん)父子は婦女子の恋愛の感情を詠んだ香奩(こうれん)体の詩や,袁枚(えんばい),趙翼,張船山(張問陶),王漁洋(王士禎)らの清詩をさかんに鼓吹し,本田種竹らとともに明治詩壇(ことに後期)における清詩の流行をもたらした。…

※「岡本黄石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

岡本黄石の関連キーワード龍公美滋賀大学小江戸ひこどん庵原朝儀加藤林造神尾織部勘兵衛佐吉恒蔵

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone