コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田聿山 おかだ しざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田聿山 おかだ-しざん

?-1900 幕末-明治時代の漢学者。
はじめ宇都宮竜山に,のち古賀侗庵(どうあん)にまなんだ。維新後,大阪に啓蒙学館を開設して子弟におしえた。明治33年2月死去。備後(びんご)(広島県)出身。名は達。字(あざな)は子文。通称は廉介。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岡田聿山の関連キーワード明治時代漢学者

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android