コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡部子登 おかべ しと

1件 の用語解説(岡部子登の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡部子登 おかべ-しと

1794-1824 江戸時代後期の儒者。
寛政6年生まれ。筑前(ちくぜん)福岡藩士。備後(びんご)(広島県)の菅茶山(かん-ちゃざん)にまなぶ。藩にもどり,藩校修猷(しゅうゆう)館の訓導となる。文政5年から江戸藩邸学問所でおしえた。その言説を同僚にそしられ,憤慨して文政7年6月23日自刃(じじん)した。31歳。本姓は石田。名は豊義。通称は千太夫。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岡部子登の関連キーワード新井静斎新井稲亭伊藤板渓五井鶴城佐藤東斎菅新菴広沢文斎星野東郭松山清門司東里

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone