岡部直造(読み)おかべ なおぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡部直造 おかべ-なおぞう

1824-1886 幕末-明治時代の村役人。
文政7年生まれ。能登(のと)(石川県)荻谷(おぎのや)村の豪農。山廻役,塩吟味役などをつとめ,慶応4年羽咋(はくい)郡の十村(とむら)(村役人)を命じられた。維新後郷長棟取役をへて,明治5年羽咋郡内の区長となる。12年石川県会議員。明治19年9月14日死去。63歳。字(あざな)は子向。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android