岡部直造(読み)おかべ なおぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡部直造 おかべ-なおぞう

1824-1886 幕末-明治時代の村役人。
文政7年生まれ。能登(のと)(石川県)荻谷(おぎのや)村の豪農。山廻役,塩吟味役などをつとめ,慶応4年羽咋(はくい)郡の十村(とむら)(村役人)を命じられた。維新後郷長棟取役をへて,明治5年羽咋郡内の区長となる。12年石川県会議員。明治19年9月14日死去。63歳。字(あざな)は子向。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android