コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡野石圃 おかの せきほ

美術人名辞典の解説

岡野石圃

江戸中・後期の画家。伊勢生。修姓は岡、名は亨(享とも)、字は元震、別号に雲津・大和室。清人李漁の『芥子園画伝』によって粉本の布置を初めて行った。京都に住した。著に『石圃画訣』『石圃娯観集』等。文政年間(1818~1830)頃存、生歿年未詳。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡野石圃 おかの-せきほ

?-? 江戸時代後期の画家。
文政(1818-30)ごろの人。京都にすみ,清(しん)(中国)の「芥子園(かいしえん)画伝」をみてまなぶ。のち清の画家伊孚九(い-ふきゅう)風の手法をおさめ,池大雅と肩をならべると称された。伊勢(いせ)(三重県)出身。名は享。字(あざな)は元震。別号に雲津,大和主人。著作に「石圃百名山譜」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例