コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡野石圃 おかの せきほ

2件 の用語解説(岡野石圃の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

岡野石圃

江戸中・後期の画家。伊勢生。修姓は岡、名は亨(享とも)、字は元震、別号に雲津・大和室。清人李漁の『芥子園画伝』によって粉本の布置を初めて行った。京都に住した。著に『石圃画訣』『石圃娯観集』等。文政年間(1818~1830)頃存、生歿年未詳。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡野石圃 おかの-せきほ

?-? 江戸時代後期の画家。
文政(1818-30)ごろの人。京都にすみ,清(しん)(中国)の「芥子園(かいしえん)画伝」をみてまなぶ。のち清の画家伊孚九(い-ふきゅう)風の手法をおさめ,池大雅と肩をならべると称された。伊勢(いせ)(三重県)出身。名は享。字(あざな)は元震。別号に雲津,大和主人。著作に「石圃百名山譜」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

岡野石圃の関連キーワード浅野西湖木村玉英鈴木筌斎泉鉄堤等琳(2代)仁科錦川丸茂香湖三谷五雲有竹横田汝圭

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone