岩ヶ崎(読み)いわがさき

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩ヶ崎
いわがさき

宮城県北部、栗原(くりはら)市の一地区。旧岩ヶ崎町。国道457号が通じる。1694年(元禄7)以後仙台藩の家臣中村日向守(ひゅうがのかみ)の居城であった。また谷口集落でもあり、市場町として、とくに馬市が盛んであった。栗駒地方の文化と歴史を紹介する「みちのく風土館」がある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の岩ヶ崎の言及

【栗駒[町]】より

…栗駒山の南東麓を占め,二迫(にはさま)川,三迫(さんはさま)川が流れる。中心集落の岩ヶ崎は三迫川の谷口集落で,江戸時代は伊達氏の家臣中村氏が居城した城下町であった。二迫川,三迫川沿岸の米作が中心産業であるが,近年は肉牛,養豚など畜産がふえている。…

※「岩ヶ崎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android