コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

均質 きんしつ homogeneous

翻訳|homogeneous

4件 の用語解説(均質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

均質
きんしつ
homogeneous

物体のあらゆる部分の物理的・化学的性質巨視的にみて同じであるとき均質という。均質といっても,分子または原子レベル微視的にみれば,原子核,電子,空虚な真空部分があり,微小部分ごとに性質が異なる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きん‐しつ【均質】

[名・形動]成分や密度、また品質などにむらがなく一様であること。また、そのさま。等質。「均質な水溶液」「均質な製品を生産する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

均質

岩石で何らかの方向を持つ組織や構造が見られないもの.ゼーダーホルムは成因的な考えを入れないために,均質(homogeneous)という代わりにホモファナス(homophanous)という語を使用した[Sederholm : 1923].同様に不均質(heterogeneous)ではなくヘテロファナス(heterophanous)を用いた.この語は均質な岩体でネオソムパレオソムが最早区別できなくなったミグマタイトに使用する.均質なミグマタイトという表現は矛盾しているが,ゼーダーホルムは花崗岩質の物質が累進的に投入された結果と考えた.このような岩石は模様は構造に方向性はなく不均質ではなくなる.均質であるだけではなく,塊状で深成岩的な構造を示すものにも使用する[Bowes : 1989].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

きんしつ【均質】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
ある物質のどの部分をとってもむらがなく、性質・状態が同じである・こと(さま)。等質。 「 -な溶液」 「 -な材料」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

均質の関連キーワード建す組成岩石学斑紋構造線状組織偽斑岩輝石片麻岩グラノフェルスホモモルフィック微花崗岩線斑岩

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

均質の関連情報