コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩切 いわきり

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩切
いわきり

宮城県仙台市宮城野区の一地区。旧岩切村。七北田(ななきた)川の北岸の入山(いりやま)と南岸の今市(いまいち)からなる。江戸時代の初めに石巻(いしのまき)へ通じる街道の宿場が開設され、また月六度の市が開かれていた。1663年(寛文3)には102人の足軽(あしがる)町となり、以後仙台城下北東部の警護と火災防備にあたる屯田兵集落となった。現在は農家混在の住宅地である。中世の山城の岩切城跡は国指定史跡。JR東北本線岩切駅があり、支線の利府(りふ)線を分岐する。[長谷川典夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

岩切の関連キーワード宮城県宮城郡利府町神谷沢宮城県仙台市宮城野区岩切天田愚庵(あまだぐあん)川内原発3号機増設計画宮城県宮城郡利府町ワシントンヤシ原町(仙台市)上総金鈴塚古墳岩切 章太郎利府(町)高松塚古墳志波彦神社利府[町]金鈴塚古墳仙台(市)束明神古墳室の木古墳山内甚五郎亡命文学農業気象

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岩切の関連情報