コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩山漆芸美術館 いわやましつげいびじゅつかん

1件 の用語解説(岩山漆芸美術館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩山漆芸美術館
いわやましつげいびじゅつかん

岩手県盛岡市にある漆芸美術館。 1975年岩手県出身の洋画家,橋本八百二の個人美術館,盛岡橋本美術館として開館。 2001年閉館し,土地,建物ともに盛岡市に寄贈された。 2004年地元の漆芸研究グループにより岩山漆芸美術館としてリニューアルオープン。漆芸作品を中心とする展示のほか,漆塗りや螺鈿細工などの工程を紹介する。大韓民国の漆芸作家,チョン・ヨンボク (全龍福) の作品を常設展示する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩山漆芸美術館の関連キーワード黒人問題三東ルシア採石業EA-71世界女性会議木村伊兵衛写真賞井上純一伊藤咲子秘密戦隊ゴレンジャーコント55号のなんでそうなるの?

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone