コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩田凉菟 いわた りょうと

美術人名辞典の解説

岩田凉菟

江戸前・中期の俳人。本姓は秦、名は正致、通称は権七郎、別号に団友斎。伊勢山田神職。芭蕉門。神風館3世。弟子に中川乙由。享保2年(1717)歿、59才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩田凉菟
いわたりょうと

[生]万治2(1659).伊勢山田
[没]享保2(1717).4.28. 伊勢山田
江戸時代中期の俳人。本名,正致。通称,権七郎。別号,団友,団友斎,神風館三世。芭蕉晩年の門人。北越,九州,中国各地に旅して勢力を広げた。伊勢派俳諧の創始者。編著『皮籠摺 (かわごずれ) 』 (1699) ,『山中集』 (1704) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

岩田凉菟の関連キーワード俳句(文学)江戸前

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android