コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上通 イノウエツウ

2件 の用語解説(井上通の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いのうえ‐つう〔ゐのうへ‐〕【井上通】

[1659~1738]江戸中期の女流歌人。讚岐の人。丸亀藩主の母に仕え、雨森芳洲らと交わった。著「帰家日記」など。井上通女

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上通 いのうえ-つう

1660-1738 江戸時代前期-中期の歌人,詩人。
万治(まんじ)3年6月11日生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩士の父にまなび,才女として知られた。8年間江戸藩邸で藩主の母養性院につかえ,雨森芳洲,林鳳岡(ほうこう)らと交流。帰郷後,詩歌や著作にいそしんだ。元文3年6月23日死去。79歳。名は別に振,玉。号は感通。著作に「江戸日記」「帰家日記」「往事集」など。
【格言など】われもまた正しきを得てたふれなば是のみなりと思ふばかりぞ(辞世)

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

井上通の関連キーワード浅井了意鳳潭鳳潭一刀流松前広長伊曽保物語雲居改算記鍵屋後藤艮山

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井上通の関連情報