コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上通 イノウエツウ

デジタル大辞泉の解説

いのうえ‐つう〔ゐのうへ‐〕【井上通】

[1659~1738]江戸中期の女流歌人。讃岐の人。丸亀藩主の母に仕え、雨森芳洲らと交わった。著「帰家日記」など。井上通女

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上通 いのうえ-つう

1660-1738 江戸時代前期-中期の歌人,詩人。
万治(まんじ)3年6月11日生まれ。讃岐(さぬき)(香川県)丸亀藩士の父にまなび,才女として知られた。8年間江戸藩邸で藩主の母養性院につかえ,雨森芳洲,林鳳岡(ほうこう)らと交流。帰郷後,詩歌や著作にいそしんだ。元文3年6月23日死去。79歳。名は別に振,玉。号は感通。著作に「江戸日記」「帰家日記」「往事集」など。
【格言など】われもまた正しきを得てたふれなば是のみなりと思ふばかりぞ(辞世)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

井上通の関連キーワードアダムス‐ストークス症候群播磨風土記新考しがらみ草紙特発性心筋症山県 有朋正宗 敦夫万葉集新考6月11日洞結節不全心臓神経症井上 通泰井上通泰心臓肥大柳田国男心房細動心房粗動心筋梗塞土肥経平心臓麻痺心内膜炎

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android