コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩畔豪雄 いわくろ ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岩畔豪雄 いわくろ-ひでお

1897-1970 昭和時代前期の軍人。
明治30年10月10日生まれ。昭和14年陸軍省軍事課長となり南方進出をとなえる。16年渡米し,日米交渉で駐米大使の特別補佐官をつとめる。太平洋戦争開始後はインド独立協力機関長,第二十八軍参謀長などを歴任。18年陸軍少将。昭和45年11月22日死去。73歳。広島県出身。陸軍大学校卒。著作に「戦争史論」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

岩畔豪雄の関連キーワード軍人

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android