大佐(読み)おおさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大佐
おおさ

岡山県北西部,新見市北東部の旧町域。中国山地にある。 1955年刑部町と上刑部村,丹治部村の2村が合体して大佐町が成立。 2005年新見市,神郷町,哲多町,哲西町と合体して新見市となった。高梁川の支流小坂部川の流域に沿って南北に細長く位置する。地名は旧町村にかかる大佐山に由来する。中心地区の刑部は山陽と山陰を結ぶ街道の宿場町として発展。近世から明治の初期には砂鉄や製鉄用薪炭を産し,和牛や駄馬の飼育も行なわれた。周辺は現在も和牛の飼育が盛ん。 1966年大佐山中腹に和牛センターが開設。抑制栽培の野菜,タバコが特産。北部と西部は備作山地県立自然公園に属する。国の重要無形民俗文化財備中神楽がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

たいさ【大佐】

軍隊の階級で、佐官の最上級。少将(准将)の下、中佐の上。 〔旧日本海軍では「だいさ」と称した〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大佐
おおさ

岡山県北西部、阿哲郡(あてつぐん)にあった旧町名(大佐町(ちょう))。現在は新見市(にいみし)の北東部を占める地域。旧大佐町は、1955年(昭和30)刑部(おさかべ)町と丹治部(たんじべ)、上刑部の2村が合併して成立。2005年(平成17)新見市に合併した。大佐の名称は、旧3町村にまたがる大佐山(988メートル)にちなむ。高梁(たかはし)川支流の小坂部(おさかべ)川の流域を占め、地域の大部分は中国山地。中央をJR姫新(きしん)線が横断する。農林業が中心で米、和牛、シイタケ、抑制キュウリ、トマト、木材を産する。大佐山頂ではハンググライダー滑空が行われる。[由比浜省吾]
『『大佐町史』全2巻(1979、2003・大佐町) ▽『山間盆地の産業と生活――岡山県大佐町』(1980・岡山大学教育学部)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐さ【大佐】

〘名〙 軍隊の階級の一つ。佐官の最上位で、少将の下、中佐の上に当たる。旧日本海軍では「だいさ」と称した。
建白書(1873)〈山田顕義〉上「大隊を合する者を聯隊と云。大佐の司令する所の者也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大佐の関連情報