岩緑青(読み)いわろくしょう

精選版 日本国語大辞典「岩緑青」の解説

いわ‐ろくしょう いはロクシャウ【岩緑青】

〘名〙 日本画の顔料の一つ。粒状をした緑青。色が濃く、画料に用いられる。孔雀石(くじゃくせき)から製する。青丹(あおに)。〔倭語類解(17C後‐18C初)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の岩緑青の言及

【マラカイトグリーン】より

…青緑色の塩基性染料。青竹(あおたけ),岩緑青(いわろくしよう)などともいう。着色力の大きい美麗な染料であるが,耐光性は低い。…

※「岩緑青」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android