コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩虫 イワムシ

デジタル大辞泉の解説

いわ‐むし〔いは‐〕【岩虫】

イソメ科の環形動物。海岸の岩の割れ目や砂泥中にすむ。体長約30センチ、赤褐色。体の前部は丸く、後部はしだいに扁平になる。釣りの餌に用い、「いわめ・いわいそめ・あかむし・ほんむし・どろむし・くろむし」などとよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いわむし【岩虫】

多毛綱の環形動物。各地の海岸の岩石のすき間に生息し、ミミズ状で体長35センチメートルに達する。前部は円筒状、後部は扁平で赤褐色。釣り餌とする。イワメ。イワイソメ。アカムシ。ドロムシ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

岩虫 (イワムシ)

学名:Marphysa sanguinea
動物。イソメ科の海産動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

岩虫の関連キーワードイワイソメドロムシアカムシイワメ多毛綱岩石

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android