コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸岱 がんたい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸岱 がんたい

1782-1865 江戸時代後期の画家。
天明2年生まれ。岸駒(がんく)の長男。父にまなび,岸派の2代となる。文化6年(1809)父にしたがって金沢城内の障壁画をえがく。安政年間,御所造営の障壁画制作に参加。鳥獣画,とくに虎の画を得意とした。元治(げんじ)2年2月19日死去。84歳。姓は岸(きし)。初名国章。字(あざな)は君鎮。別号に卓堂,虎岱など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の岸岱の言及

【岸派】より

…江戸時代後期から明治期に至る京都画壇の一派。岸駒(がんく)に始まり,子の岸岱(がんたい)(1782‐1865),養子岸良(1798‐1852)が受けつぎ,祖風を守って四条派(円山四条派)に対抗した。岸駒の門人に岸連山(1804‐59)が出,家法に四条派の写生画法を折衷して新生面をひらいた。…

※「岸岱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

岸岱の関連キーワード喜田華堂柴田泰山白井華陽岸誠

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岸岱の関連情報