コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸派 キシハ

4件 の用語解説(岸派の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きし‐は【岸派】

日本画の流派の一。岸駒(がんく)を祖として、江戸後期から明治期に栄えた。各流派を折衷し、あくの強い独特の写生画風で知られる。主な画家は、岸駒の長男岸岱(がんたい)、河村文鳳(かわむらぶんぽう)・横山華山

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きしは【岸派】

江戸時代後期から明治期に至る京都画壇の一派。岸駒(がんく)に始まり,子の岸岱(がんたい)(1782‐1865),養子岸良(1798‐1852)が受けつぎ,祖風を守って四条派(円山四条派)に対抗した。岸駒の門人に岸連山(1804‐59)が出,家法に四条派の写生画法を折衷して新生面をひらいた。さらに連山の養子となった岸竹堂(1826‐97)は近代的な視覚も取りいれて幅広い画風を生み,幸野楳嶺,森寛斎と並ぶ明治期の京都画壇を代表する画家となったが,楳嶺門下に竹内栖鳳が,寛斎門下に山元春挙が出たのに比べ,逸材に恵まれずに終わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きしは【岸派】

日本画の一流派。岸駒がんくを祖とする。諸派を折衷した様式で江戸後期から明治期にかけて勢力があった。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岸派
きしは

江戸後期から明治にかけての画派。始祖岸駒(がんく)(1839没)は表出性の強い画風で知られ、その長男岸岱(がんたい)(1782―1866)をはじめ、河村文鳳(ぶんぽう)、横山華山、『画乗要略』の著者白井華陽ら、多くの門弟を擁して京都画壇に一勢力を形成した。岸駒の養子岸連山(きしれんざん)(1804―1859)は四条派の画風を加味して癖の強い家風を変容させ、彼に学んでのち養嗣子(ようしし)となった岸竹堂(きしちくどう)(1826―1897)は、この派の特技である虎(とら)や鳥獣だけでなく、洋画の陰影や遠近法を取り入れた写実的な風景画なども描いている。実質的に岸派はこの竹堂をもって終わるが、竹堂は森寛斎、幸野楳嶺(こうのばいれい)らと並んで明治の京都画壇に重きをなした。また、望月派(もちづきは)の望月玉川も岸駒に学んで、四条派と岸派が融合した画風をみせている。[星野 鈴]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岸派の関連キーワード塩川文麟清水谷公正船師三宅坂毛巻銭札鉛銭奴島田図合船小林幹

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岸派の関連情報