コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸田衿子 キシダエリコ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸田衿子 きしだ-えりこ

1929-2011 昭和後期-平成時代の詩人,童話作家。
昭和4年1月5日生まれ。岸田国士(くにお)の長女。岸田今日子の姉。茨木のり子らの「櫂(かい)」に参加。詩集「忘れた秋」「らいおん物語」「ソナチネの木」などを発表。昭和41年絵本「かばくん」でドイツ児童図書賞,49年絵本「かえってきたきつね」で産経児童出版文化賞大賞。ほかにエッセイ草色の切符を買って」など。平成23年4月7日死去。82歳。東京出身。東京芸大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岸田衿子の関連キーワードへんなかくれんぼ 子どもの季節とあそびのうたきょうのおべんとう なんだろななにをたべてきたの?ジオジオの かんむりかばくんのふね岸田 今日子中谷 千代子ジオジオの冠木いちごつみ中谷千代子ネズビット岸田 森かば君岸田国士

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

岸田衿子の関連情報