コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岸紹易 きし じょうえき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岸紹易 きし-じょうえき

1729-1799 江戸時代中期-後期の茶人。
享保(きょうほう)14年生まれ。和泉(いずみ)(大阪府)堺(さかい)の人。堺奉行所の与力をつとめ,馬術,砲術にすぐれる。明和4年に職をしりぞき茶の湯修業に専念,藪内(やぶのうち)流の島村紹億(じょうおく)について奥義をきわめた。寛政11年3月28日死去。71歳。名は豊春。通称は一九郎。別号に問秦庵,一樹庵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

岸紹易の関連キーワード享保茶人

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android