島原狂言(読み)シマバラキョウゲン

大辞林 第三版の解説

しまばらきょうげん【島原狂言】

京都の遊郭島原の遊女たちが演じた女歌舞伎の一種。また、島原遊郭を舞台とする傾城買いのさまを演じた歌舞伎狂言。明暦(1655~1658)から寛文(1661~1673)初期頃まで流行。のち京都では、歌舞伎自体をいうようになった。島原歌舞伎。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android