コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島原狂言 シマバラキョウゲン

デジタル大辞泉の解説

しまばら‐きょうげん〔‐キヤウゲン〕【島原狂言】

明暦(1655~1658)ころから寛文(1661~1673)にかけて流行した、京都の島原遊郭を舞台とする傾城(けいせい)買いの様子を演じた歌舞伎狂言。のち京都では、歌舞伎狂言そのものを意味するようになった。島原歌舞伎。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しまばらきょうげん【島原狂言】

京都の遊郭島原の遊女たちが演じた女歌舞伎の一種。また、島原遊郭を舞台とする傾城買いのさまを演じた歌舞伎狂言。明暦(1655~1658)から寛文(1661~1673)初期頃まで流行。のち京都では、歌舞伎自体をいうようになった。島原歌舞伎。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

島原狂言の関連キーワード傾城買い傾城明暦和事

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android